【2020年1月】主な試験・合格発表のある資格試験とマイナー資格紹介

2020年1月に試験日・合格発表のある資格の中で主なものを紹介していきたいと思います。

資格試験の勉強を始めるタイミングは試験日、または合格発表のある時期から始めることが丁度いいです。

この頃に合わせて各資格の通信講座や学校の割引キャンペーンなどがあり、また勉強の計画を立てるときも余裕をもって取り組むことができるからなんですよね。

また、この中から気になる資格試験の概要を紹介していこうと思います。

Contents

【2020年1月】主な試験・合格発表のある資格試験

数多くある資格試験の中で、長いスパンで勉強しなくてはならないものや受験制限のあるものなどは省いています。

独学、または通信講座で身につくものを紹介しています。

2020年1月試験の資格一覧

  • 社会人常識マナー検定試験
    試験日:2020年1月18日(土)
  • 計算実務能力検定
    試験日:2020年1月25日(土)
  • FP技能士(3級)
    試験日:2020年1月26日(日)

上記資格のうち、社会人常識マナー検定試験計算実務能力検定については後ほど詳しく説明します。

FP技能士(3級)は、ファイナンシャルプランナーとして従事している方、また、これからこの仕事を使用としている方が受けることのできる試験で、上級となる2級はこの3級に合格した方、また、実務経験のある方が受けられる試験となっています。

こちらの資格講座についてはこちらの2つがおすすめです。

充実した教材で学びたいならこちら

 

スマホを使ってサクッと学びたいならこちら

 

2020年1月合格発表の資格一覧

1月に合格発表のある資格は以下の通りです。

  • 日商簿記検定(1級)
    合格発表日:2020年1月6日(月)
  • ビジネス実務法務検定(2級、3級)
    合格発表日:2020年1月6日(月)
  • eco検定
    合格発表日:2020年1月10日(金)
  • 保育士(実技)
    合格発表日:2020年1月11日(土)
  • カラーコーディネーター検定(1級)
    合格発表日:2020年1月20日(金)
  • 行政書士
    合格発表日:2020年1月29日(水)
  • 手話通訳士
    合格発表日:2020年1月31日(金)

1年に1度しか行われない資格については数か月かけて勉強するものも多いので、この時期から計画を立てていくとよいですね。

こちらの記事も合わせてお読みください。

あわせて読みたい
資格の通信講座3つを徹底比較。独学と比べてコスパのいいのはどれ?
資格の通信講座3つを徹底比較。独学と比べてコスパのいいのはどれ?今回はおすすめの通信講座3つを紹介します。こちらのサイトは「ユウコの独学」となっています。なので「ん?通信講座を使うなら独学じゃないじゃん!」という声も聞こえ...

 

ブランクのある方向け?社会人常識マナー検定試験

このうち、「社会人常識マナー検定試験」について紹介していきます。

名前のとおり就職して組織の一員として必要な常識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力といったスキルを認定する内容の資格です。

新卒の方なら就職後に行われる企業研修で学ぶような内容ですね。

かく言う私は就職氷河期ど真ん中の世代でしたので、あまり企業研修というものを体験したことがないのですが、学生さんの就職活動時やお仕事にブランクのある方など学びなおす機会として受験してみるのもいいかもしれません。

こちらの試験は1級から3級まであり、合格率は1級で60%近くとなっているので、比較的簡単な試験のようです。

試験の内容は、

  • ビジネスコミュニケーション
  • 言葉遣い
  • ビジネス文書
  • 電話応対
  • 会議
  • ファイリング

など、事務的な内容が多そうです。

実施団体は公益社団法人 全国経理教育協会です。

おすすめの本は?

公式テキストはこちらです。

 

また試験を受けずに、こちらの本を参考にするだけでも効果があると思います。

 

 

簿記試験に近い、計算実務能力検定

こちらの検定は、会社内での経理や財務担当として重要な計算能力をはかる検定となっています。

こちらも1級~3級があり、合格率は1級が44%ですが、2級、3級については50%以上となっているので難易度は高くなさそうです。

試験内容は、

  • 伝票の書き方
  • 損益の計算
  • 各元帳の書き方
  • 試算表

など日商簿記検定に似通った箇所がありますが、基本的な内容が多いようです。

こちらの実施団体も公益社団法人 全国経理教育協会となります。

おすすめの本は?

こちらの本は社会保険などの総務関連も書かれていますが、基本的な帳簿の作成や1年間にどのような申請が必要かなどが書かれているので、全体的な流れを掴むことができます。

またこちらは経理に特化した内容となります。

 まとめ

1月中にも多くの試験が行われていますね。

実際に試験を受けなくても、本を読んで参考にするだけでも効果があるものを紹介していきました。

 

TOPに戻る

 

コンテンツ一覧はこちらから

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる